安全性が高く痛みも少ない

急いでムダ毛を処理したいときは広範囲を短時間で処理できるワックス脱毛が便利です。特にブラジリアンワックスは人気が高く、国内でも対応するサロンは多くなっています。すぐにきれいな肌になるのはメリットですが、ワックスを剥がすときには痛みもありますし、角質も一緒に剥がしますので、肌のバリア機能が落ちてしまうというデメリットもあります。そこで、最近はより安全性が高く、しかも効果も優れたシュガーリングへの注目が高まっています。砂糖と水、レモンを使ったシュガーペーストによる脱毛で、ワックスよりも粘着性が低いので、肌の角質がはがれすぎる心配もありません。天然素材でできており、人肌程度の温度で使えますので火傷のリスクも抑えられています。

毛を伸ばしておく必要がない

ワックス脱毛の場合は、ムダ毛をある程度の長さ伸ばしておく必要があります。それゆえ、施術前のムダ毛の目立つ肌を気にしている人も多いのではないでしょうか。これに対して、シュガーリングは粘着性が低いながらも毛穴に浸透していきますので、短い毛や産毛も脱毛しやすいのがメリットです。短い毛でもしっかりと処理するためには、技術力も必要になりますので、技術力の優れたサロンを選ぶ事も大事です。ワックスよりも毛が切れにくいといわれており、より効果が長持ちすることもメリットです。まだ日本ではあまりなじみのない脱毛方法ですが、肌に優しく、安全性にも優れていることから導入するサロンも増えてきています。施術を繰り返すことで、ムダ毛も細くなり目立ちにくくなるのもメリットです。