皮膚へのダメージが少ない

全身脱毛では、レーザー脱毛や光脱毛が主流になっていますが、これらの方法は優れた効果があるものの、結果を得るにはそれなりの期間通う必要があります。それゆえ、急いでムダ毛を処理したい場合には向いているとはいえません。すぐにムダ毛のないきれいな肌にするのであれば、ワックスが向いていますが、ワックスを剥がすときの痛みが心配という人もいます。現在では、さらに新しい技術が導入されており、シュガーリングを提供するお店も増えてきました。これは砂糖、水、レモンを溶かして作ったペーストです。ワックスとは違い、水溶性で粘着性も低いので、肌にかかる負担が少なく、より痛みの少ない脱毛ができることで人気が高まっています。高熱を必要としないので、そのことでも肌にかかる負担を抑えています。

化学的な成分が使われていない

脱毛をする際は、痛みだけではなく肌荒れも気になるところです。ワックスや除毛クリームには様々な化学的な成分が含まれていますので、それが肌トラブルの原因になることもあります。その点、シュガーリングは、砂糖や水、レモンといった食べられるものばかりで作られており、科学的な成分も入っていません。それゆえ、デリケートな肌質の人にも利用しやすい施術です。油性のワックスとは違い、油分もありませんので、ニキビができにくいこともメリットです。施術の際には毛を伸ばしておく必要がありますので、光脱毛やレーザー脱毛のように自宅でシェービングをする手間がありません。ワックスでは肌表面の角質を取り過ぎることもありますが、シュガーリングであれば角質の剥がしすぎを防げるので肌を良い状態に保ちやすくなります。