優しい材料で短期間に繰り返し施術が受けられる

ミツロウ・ロジンといった成分が含まれたワックス剤を付けるブラジリアンワックスに対して、シュガーリングの材料は砂糖とレモン・水のみです。とにかくナチュラルな材料で口にすることだって可能です。 ブラジリアンワックスよりも短期間で繰り返し施術を受けることが出来るのはシュガーリングのメリット、まだ毛が短くとも3週間程度すぎただけの頃でも大丈夫です。そこには材料のやさしさがあるわけです。3つの材料を煮詰めたシュガーペイストは常温から人肌以下の温度にしてムダ毛が気になる部分に使用されます。熱さに弱く温熱蕁麻疹が出てしまうような方でも問題ありません。アレルギー肌だけど受けてみたいという方も、シュガーリングならばお勧めできるのです。

お肌に優しいから短い周期での施術が可能

シュガーリングの自然な材料と無理のない温かさで取れるのはいずれ剥がれ落ちる角質のみ、一方ブラジリアンワックスだと熱で皮脂を浮かせて多くの確執を取ってしまいます。もしもブラジリアンワックスを短い周期で行っていると、お肌への負担が多すぎるのです。必要な角質さえ除去されてしまい、その結果として埋もれ毛が多くなる・敏感肌や乾燥肌に傾くと様々な弊害が出てきます。ごくたまに、あるいは初めての脱毛には良いですが定期的に行うようなものではありません。少なくとも半年以上は間を開けること、もしも伸びてきた毛をこまめに処理したい・ワックス施術が気に入っていてもっと通いたいというならシュガーリングにすべきというわけです。